筋膜リリースとは?

 


筋膜リリース Q&A


筋膜リリースについて

良くある質問3つにお答えします。


その1

筋膜ってなに?


 

筋膜は第2の骨格

 

体の中は全身を膜で覆われています。全身の骨、筋肉、内臓を溶かしても、膜さえ残っていれば、体の形は保たれます。これが「第2の骨格」といわれる理由です。その中でも、体のバランスに大きく影響を及ぼすのが、筋肉を覆っている「筋膜」になります。

 


その2

筋膜リリースでバランスが整うの?


 

「筋膜」は形状記憶スーツ

例えば、猫背の人の背中は伸びた状態になっており、筋膜はその状態を記憶して良い姿勢でいようと背筋を伸ばしても、猫背を記憶している筋膜は猫背の状態に戻ろうとしてしまいます。でも、「筋膜リリース」で背筋を伸ばした状態にも対応できる筋膜に戻してあげることで、良い姿勢を取り戻せるようになります。

 


その3

筋膜リリースって何をするの?


基本は「繋げて緩める」テクニック

柔軟性を欠いて、固まってしまっている筋膜に対して伸ばすようにアプローチします。筋膜は16通りのつながりを持っていてたとえば腹筋から前側の太ももの部分は筋膜で繋がっていて、呼吸にも影響がある筋膜の部分になります。腹筋と前側の太ももの筋膜を、1つの繋がり持ったせて緩めることで、腹筋と太ももは連動して働くようになり、呼吸も深い呼吸ができるようになります。さらに運動パフォーマンスも向上します。